スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【イスベリ】ルールのまとめ③【自分理解用】

ペイントで作った画像なのでご容赦を。

さて、高低差での例外処理について。
3点の例外と書いてありますが、1は違う高さの時、2と3は同じ高さ時の書き方の違いなので、
意味合いからすると1点。

①高さ2→高さ1の攻撃時、高さ2(又は高さ1+ユニット)の障害がなければ攻撃できる。
sc3.jpg
このAからBへの攻撃では、Cと横にある障害物は高さ1なので、障害とはならない。
ここでの「AとBを結んだ直線上」というのは、上記のような横から見た図でなく、
前回射界で書いたような、上から見た図。であってると思う。

②③同じ高さからの攻撃時、障害物の高さが低ければ攻撃できる。
sc5.jpg
AからBへ攻撃する時、対象となるBよりもCは下にいる為、障害にはならない。
これは高さ1→1でも2→2でも同じ。


ちなみに、通常ルールと熟練ルールとの違いは、
・高さ2→0の攻撃時、高さ1の障害物が障害になるか否か。

①通常、一番上の画像のA→Cは障害物があるので攻撃不可となりますが、
見た感じ攻撃出来ても良さそうなので、熟練ルールでは攻撃可となる。

sc2.jpg

②一方、熟練ルールを採用すると、このA→Bは攻撃可能となりますが、
なんとなくBの前の障害物が壁になりそうな気もする。
(Bがより遠ければ角度が浅くなるため、なおさら障害となる)

どちらも一長一短で、そもそも立体を上手く管理するのは難しいですよね。
最初から熟練ルールで覚えれば、特別難しいことはないかと思います。

ただ、
sc1.jpg
熟練ルールでA→Cの時、Bが障害となるため攻撃は出来ませんが、
貫通できても良いのでは?と思ってしまうw

CPUでなく人間の演算機能なので、負荷からすれば妥当な所なんだろうけど。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

雨宮 [space_elevator]

Author:雨宮 [space_elevator]
アナログゲーム好きが高じて、昨年から本格的な製作に入りました。やりたい気持ちの反面、時間が取れない日々ですが、こつこつと。

製作物に関しては、【作品紹介】の項目から、作品名をクリックしてください。

→所持一覧

Twitter...

作品紹介

■MBUGA ~Survive on South Savanna~■
 プレイ人数:2~5人
 プレイ時間:45-60分
 推奨年齢:10歳以上
 ジャンル:ダイスマネジメント+陣取り
 →総合ページはコチラ


■QuattRide Wars■
 プレイ人数:2人
 プレイ時間:30-45分
 推奨年齢:12歳以上
 ジャンル:隊列式チームバトル
 問い合わせ先:(krqrwあっとyahooどっとcoドットjp)

最新記事

Lc.ツリーカテゴリー

ヤフオク

検索フォーム

コンパクト月別アーカイブ

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。