スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DBG総会(テスト会)

油断してたら広告表示されてたw

昨年よりDreamBoardGame在籍になったのですが、基本的に自分が東京に行ける時間が無く、
先日、ようやくミーティング及び、テスト会ができました。
(ちなみに、何にも画像を撮らなかったww)


まずは、テスト前に『スパイス商人』をプレイ。
2人プレイだからか、戦略の振り幅が小さいような、腑に落ちずに終了。
まぁ、ハードルが下がって助かったけれどw


続いて、春向けの自作『MBUGA(ムブガ)』をプレイ。
あまり時間がなく、一人テストを修正せず、そのまま持って行ったのだけど、好評価!!
もちろん指摘の点もあったけれど、気になった点が同じだったり、
話していてアイデアがどんどん膨らんだり、仲間ってほんとにありがたい。

DBG的にゴーサインも貰えたので、制作もしっかり進めていきたい所。

ただ、自分はゲムマ春に行けないのが確定しているので、サークルとして参加するかどうか。。。
イベントじゃないと売れない様な作品にはしていないので、
販促の方法も模索していかないとなー。


その後は、さすがのクニちー『キングダム』、経営手腕の問われる『ホテルサモア』、リメイクの出る同人版『グリモワール』をプレイ。


今回色々とプレイして思ったのは、「思考の幅」と「制限」の大事さ。
スパイス商人は、伏せタイル・手札・配置する場所と、ゲームとしての選択肢は多くても、「相手に勝利する」という制限(=条件)下では、一辺倒な対応しかできない感じ。
逆にキングダムは、タイルを1枚置く・城を置く・伏せタイルを置くから1つ、と取れるアクションが少ないのに、それぞれを選んだ際の計算の幅が大きく、きちんと結果も伴う。
ホテルサモアは、施設の購入にしろ、お客のセリや配置にしろ、それぞれの短期的な計算と長期的な計算のバランスが良く、思考の幅である手札や部屋は、自分で使用した時点から制限に変わる、表裏一体といった印象。
グリモワールは「制限」がありそうでなく、選択肢はとても多いのに「思考の幅」がとても小さい、なんとも捉えにくい感じ。そもそも2人でプレイするゲームじゃないのかなぁ。


これらを活かして、MBUGAをよりよい作品に仕上げよう!
スポンサーサイト

プロフィール

雨宮 [space_elevator]

Author:雨宮 [space_elevator]
アナログゲーム好きが高じて、昨年から本格的な製作に入りました。やりたい気持ちの反面、時間が取れない日々ですが、こつこつと。

製作物に関しては、【作品紹介】の項目から、作品名をクリックしてください。

→所持一覧

Twitter...

作品紹介

■MBUGA ~Survive on South Savanna~■
 プレイ人数:2~5人
 プレイ時間:45-60分
 推奨年齢:10歳以上
 ジャンル:ダイスマネジメント+陣取り
 →総合ページはコチラ


■QuattRide Wars■
 プレイ人数:2人
 プレイ時間:30-45分
 推奨年齢:12歳以上
 ジャンル:隊列式チームバトル
 問い合わせ先:(krqrwあっとyahooどっとcoドットjp)

最新記事

Lc.ツリーカテゴリー

ヤフオク

検索フォーム

コンパクト月別アーカイブ

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。