スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Alibaba.comをはじめよう】第7回

さて、3社目からの返信内容は2社目と同じ感じ。
価格が安く(1個あたりUSD0.063)、グラムもチョイ重くらいでした。

ただ添付画像がブランクでなく、ダイス目のポイントが付いたものだったので、

//////////////////////////////////

ブランクダイスの取扱はありますか?

//////////////////////////////////

と、確認してみることに。
ちなみに、その時に「メール不着がないように、alibabaからメール送るけどよろしく」
と言っておきましたw


で、暇な企業だったのか(失礼w)数時間後には返信があり、

//////////////////////////////////

ブランクダイスも持ってるよ。画像確認してみて。
ただし、ブランクは18mmか19mmしか持ってないんだ。

16mmでも作れるけど、その時はUSD0.073になるよ。(値上がり)

(※この時は、EXW Priceと言っていて、「工場渡しの価格」という意味らしいが、
FOBとの違いがハッキリあるわけでもなさそう。)

//////////////////////////////////

って、さっきの値段なんだったんだ!?w
再度確認して、

//////////////////////////////////

16mmじゃないならさっきの価格なのか?

->18mmと19mmは在庫品で、16mmは特注だから価格一緒さ。

じゃあ、18mmにするけど、希望の色は揃いますか?

->添付画像(偏った8色くらい)しか在庫ないんだ。

・・・なら、在庫のある白と黒にするよ。

//////////////////////////////////

と、メールのやりとり。この辺を数十分毎に送ってたので、
メール作成の時間が随分と短くなりましたw


したら、次のメールでなぜだか、
16mmダイスをUSD0.062で用意してくれることにw
ん?
何のやりとりだったの??

ごねてる様に思われたのか、当初の価格くらい(0.1円安)で、
希望のサイズになることに。なんだったのかw

とにかく、この内容で決まりました。
スポンサーサイト

【Alibaba.comをはじめよう】第6回

2社目に送ったメールには、翌日すぐに返信がありました。

/////////////////////////////////////////

メールありがとう。私たちはダイスを作って10年になります。
メールにあった仕様のダイス、私達は持っています。詳細を確認してください。

ダイスのグラム、価格などの詳細情報
(※必ず「パッケージサイズ」が記載されてたりしますが、業務用だからですかね。
例えば、1袋100個入り。みたいな。)

※画像添付

何か質問があれば、連絡してください。全力を尽くします。

//////////////////////////////////////////

で、好感の持てる内容だったので、
サンプル確認できるか?価格がもう少し安くなるか(想定より高かったw)?
を直接メールしてみたのですが、

まさかの返信なし!


この辺りで、中国とのやり取りに関してのノウハウが蓄積してきて、
大事な事が分かってきました。

基本的に、メールの不着が多い!(らしい)
中国事情のサイトを回っただけですが、回線的にメール不着が多く、
エラー時のレスも無いので、連絡取れたか分からなくなる模様w

あるサイトでは、チャットか電話で連絡するしかないとも。

今回は、Alibaba.comを使っているので、それ以降はサイトの機能にある「メッセージ送信」から
メールを送ることに。それ以降は不着はありませんでした。


メールの文章については、

Thank you emailng for me.

Thank you for your consideration.

は空で書けるようになりました。
「メールありがとう」と「よろしくお願いします」ですね。
メールの最後に、

Best Regards

を付けるのも、定型らしい。


そんなこんなで、連絡を待つ間に3社目にメール。こちらが今回取引した企業です。

【Alibaba.comをはじめよう】第5回

ここから体験も含めつつ。


今回はブランクダイスを探していたので、
「blank dice 16mm white」の様に、欲しい商品名・仕様で検索。
まずは、一番安くて良さそうな所にメールしてみる事にしました。

Alibaba.comは通販サイトではないので、相手企業の営業とやり取りをしなければ、
商品を買うことはできません。

商品価格に「Get Latest Price(最新の価格)」と書かれている部分や、
各所にある「Contact Supplier」をクリックすると、メールフォームが開きます。

(※ちなみに、Alibaba.comには担当者とのチャット機能もあるのですが、
リアルタイムで会話できるほどの英語能力は無いので、使いませんでしたw)


メールフォームでは、問い合わせたい内容、希望数などを書いてメールする、
日本のサイトとあまり変わりはない感じです。
ここで送ったメール・届いたメールは、アカウントの「メッセージ」で確認ができます。

送ったのはこんな感じ。

//////////////////////////////////////

はじめてメールします。私は日本の○○です。
私は個人で、ボードゲームの製作をしています。

私はダイスを使うゲームを考えています。なので、多くのダイスが必要です。
手伝って貰えますか?

商品詳細:
※欲しい仕様を記載

最新の価格を教えて貰えますか?

///////////////////////////////////////////


で、送ったは良いのですが、こちらは1週間ほど待っても連絡がなく、
結局今もないので、読まずに捨てられたのでしょうねw

このように、連絡がない事もあるようですが、
今回は3社中2社は返事がキチンと来たので、最初のイメージより誠実。
やっぱりビジネスだからかな?

(それより、同時期に3社送ってどこも全く返信がない、日本の企業の方が問題だと思うw)


結局、連絡がなかったので、第2候補の企業に同じメールをしました。

【Alibaba.comをはじめよう】第4回

さて、登録が済んだら、欲しい商品を検索してみる訳ですが、
どの商品にも記載されている事項があります。

例えば、「FOB Price」は何かの金額ですね。
これは、1商品の単価です。たぶん全てUSD(アメリカドル)で表示されていると思います。
(日本語版なら日本円かも)

このFOBというのは、「船の上まで」という意味で、基本は、
送料、関税、消費税などが含まれていないということです。

「Minimum Order Quantity」は最小ロット。
「Supply Ability」はその会社の生産能力(あんまり関係なし)。

この「金額」「ロット」が条件に合いそうなところを探します。
ちなみに、結構ロットが大きいです。
(ダイスでは調べた最小で5000個でした)


そして、もう一つ重要なのが「Payment Terms」、支払い方法です。
まぁ銀行振込に当たるものなどあるのですが、
必ず「Paypal」で支払えるところにしましょう。
条件に書いていなくても、問い合わせると使える場合もあります。

Paypalは、世界的に安全性の高い支払い方法で、クレジットカード払いになります。
カード番号などを相手に伝える必要がない為、海外取引では重要。
ちなみに、無料登録では月に10万円まで支払い可能。


これらと商品説明の英文を翻訳しつつ、欲しい商品を絞ります。

あ、機能として「★Add to My Favorites」をクリックすると、自分のお気に入りに登録できます。
ブックマークですね。

【Alibaba.comをはじめよう】第3回

英語 翻訳

さて、始めるにあたって重要なコミュニケーション能力「英語」。
前述の通り、英語が得意ではない私は、

・google翻訳
・infoseek翻訳
・ビジネスメール例文サイト
・yahoo辞書

の4サイトを同時に使い、さらに手元に新書サイズ位の和英辞書を用意し、
メール作成してましたw
最初は1メールにつき、結構な時間が掛かってたと思います。

それで十数回のやりとりがあり、最終的にはgoogle翻訳のみでメール作成できるようになりました。


最初に思ったのは、「言いたい事が伝われば良い」ということ。
学生時代の英語の授業では、正解って一つしかないので、似たような単語だろうでも、
キレイじゃない表現でもNGでした。
でも相手も人なので、互いに「話を聞こう」と思えば、どうにかなるはずだと。
なので、深く考えない事にしましたw

最終的に取引は終えられたので、どうにかはなったのだと思いますw


つくづく、「学生時代にちゃんと勉強しておけば良かった」と思いましたw
体験して思ったのは、とにかく「知っている単語の量」だなと。
学校の授業で習った「文法」は、もちろん大事ですが、あんなにウエイト占めなくても良かった気が。

また何かしら、英語メールでやり取りしたいなぁ。

【Alibaba.comをはじめよう】第2回



「alibaba.com」は中国のサイトです。
詳しくはないですが、主に製造業の人が、自社の製品を紹介するのに使われています。

日本で類似するサービスが思い浮かばないのですが、
自動車保険とか引越しとかで「各社一括見積もり」みたいなサイトがあるじゃないですか。
あんな感じ。
あとは、「価格.com」みたいなイメージかも。

調べたい商品・欲しい商品で検索すると、
それぞれが登録している商品が比較できる。

で、通販サイトの様に「購入ボタン」という訳ではなく、
その企業の担当者に連絡ができて、取引を進めていくという感じ。


個人でも登録できますし、無料ですので、
フリーのメールアドレスなどを用意して、登録します。
また、日本語表記になっている「alibaba.co.jp」もあります。
たぶん機能は変わらないと思いますが、日本向けだけ割高とかあるとイヤなので
英語表記のサイトを使ってました(ケチw)


日本でもこういったサービスがあっても良いと思うのですよねぇ。
知らないだけかもしれないけれど。

【Alibaba.comをはじめよう】第1回

数ヶ月ぶりの内容のある記事ですw
更新のなかった間に、色々と新しい事にチャレンジしたので、体験記としてまとめます。

------------------------------------------------

さて、ボードゲームを作りたいと思った方、作ったことのある方なら、
誰でも一度以上、こう思った事があると思います。
「原価をもっと安くしたい」

これは、自分の利益という意味だけでなく、限られた自己資金の中で、
少しでも部数を多くして、たくさんの人にプレイしてもらいたい。とか、
頒布価格を安くして、購入してもらいたい。など考えてだと思います。

その上で、基本は国内流通。つまり日本のショップで買えるもの、取扱のあるものの中から
素材を探しているのではないでしょうか?
(中には、ボドゲの本場ドイツから輸入しているという方も居るかもしれません)


今回、私はその素材を、中国から購入することにしました。
なぜか?と言われると、やっぱり安いからですw

中国というと国際関係で、色々と思うところがあると思いますが、今回はビジネスです。
そういった感情は抜きにしましょう。


ちなみに、担当者とのやりとりは全て「英語」ですが、
私は高卒で、しかも英語は不得意科目。
なので、英語レベルは高くないです。というか低いですw

それでもちゃんと(かどうかは不明ですがw)取引できました。

夏の忙しさは終わりましたが

ちょっとまだ忙しいw
どうもお久しぶりです。

忙しさのピークは抜けましたが、自由な時間を得るにはもうちょっと掛かりそう。

しかし、その合間で新たな試みなどしてますので、
そのあたりも記事にしていきたいと思います。

近いうちに更新しますw

プロフィール

Author:雨宮 [space_elevator]
アナログゲーム好きが高じて、昨年から本格的な製作に入りました。やりたい気持ちの反面、時間が取れない日々ですが、こつこつと。

製作物に関しては、【作品紹介】の項目から、作品名をクリックしてください。

→所持一覧

Twitter...

作品紹介

■MBUGA ~Survive on South Savanna~■
 プレイ人数:2~5人
 プレイ時間:45-60分
 推奨年齢:10歳以上
 ジャンル:ダイスマネジメント+陣取り
 →総合ページはコチラ


■QuattRide Wars■
 プレイ人数:2人
 プレイ時間:30-45分
 推奨年齢:12歳以上
 ジャンル:隊列式チームバトル
 問い合わせ先:(krqrwあっとyahooどっとcoドットjp)

最新記事

Lc.ツリーカテゴリー

ヤフオク

検索フォーム

コンパクト月別アーカイブ

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。