スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Alibaba.comをはじめよう】第10回【完結】

延ばし延ばしになっていましたが、最後の記事。
明日にはブログに広告表示がされてしまうのでw


さて、こちらで集荷依頼をかけ数日、荷物が向こうを出発したとの連絡がありました。
それからは、Fedexのサイトで荷物の状況を確認でき、
(送料以外の)不安はなく、2週間掛からないくらいで届きました。


この時、荷物が5箱に分かれており、
(ちょっと送料高くつくかなぁ。)
くらいに感じていました。

そこから1か月、
ようやく届いた請求書には、ほぼ商品購入金額と同じだけの送料に、
燃油サーチャージが1万円追加され、
結果、ものすごく高くついてしまいました。
(内、税金は3000円くらいのみ)

やっぱりポストで送って貰いたかった。。。



とはいえ、全部含めても、国内の流通で購入するよりは安く、
買い物としては痛手もありつつ、成功だったのではないかと思います。

あとは、これを作品に活かせれば、ですがw

2013-08-26 145932


何の参考になるかは分りませんが、
こんな感じでAlibaba.com初体験でした。
スポンサーサイト

【Alibaba.comをはじめよう】第9回

実際のダイス製作が完了したので、いよいよ発送の手続きになりました。
ここが一番の落とし穴だった。

まず、中国の海外運送事情から。
日本の郵便事業は民営化されましたが、中国にも公共のチャイナポストがあり、
その他に国際貨物を取り扱っている企業があります。
有名どころだと、DHLとかFedexとか。

で、日本と同じ様な感覚で、公共の郵便を使おうと思った所、
・高い
・サービスが悪い
・遅い
と、どうやら良いとこ無しのようなのです。
取引相手も、とにかくチャイナポストは使うなとw

また、ビジネスでは送料は着払いが基本のようで、
こちらのクレジットカードを、運送会社に登録しなければいけない模様。

なので、今回はFedexでの発送を頼むことにし、Fedexのアカウントを登録しました。


個人でも登録可能なのですが、
Fedexに2~3回電話し、記入した用紙をFaxし、意外と手間のかかる作業でした。


登録したアカウントを相手に伝え、発送されるか、と思いきや、
今度は「企業→個人」向けの発送は、受け取り側が集荷手続きをしなければいけないと。

めんどくさっw

これまた、Fedexのサポートに2~3回電話をかけ、記入したFaxを送信し、集荷手続きになりました。


まぁ、他国の関わる事なので、手間はしょうがないのだろうね。

ちなみに、Fedexの日本サポートは3人の方と電話しましたが、
2人は事務的で普通、1人はとても丁寧な対応だったので、トータルでみれば好印象でした。

【Alibaba.comをはじめよう】第8回

ちょっと間が空きましたが、忘れない内に続きw


今回は支払いに関して。
前回の記事の通り、商品仕様が決まりましたので、商品代金の支払いになります。

海外向けの支払い方法は、日本の銀行振込にあたるT/Tとか、
調べれば用語はいくつか出てきますが、基本的に手間。そして不安w

なので、手軽で安心、Paypalが一番です。


日本語サイトもあるので、大丈夫だと思いますが、
クレジットカードを登録すると、月10万円までの支払いが出来ます。
あんまり高額でなければ、これで十分。
もし、金額が上がったり、受け取りをしたい場合はビジネス向けアカウントに変更する必要があるよう。
こちらは月額料金取られる。

で、相手のアカウント番号と、支払う金額を入力すれば終了。
簡単。

ちなみに、支払う時に通貨単位が選べますが、カードの支払い明細では日本円になります。
この時のドル=円の為替はいつのタイミングになるんだか、詳しくは知らないw
カード会社で調べれば分かると思います。


そんな感じで、入金から1週間くらいで完成しました。

【Alibaba.comをはじめよう】第7回

さて、3社目からの返信内容は2社目と同じ感じ。
価格が安く(1個あたりUSD0.063)、グラムもチョイ重くらいでした。

ただ添付画像がブランクでなく、ダイス目のポイントが付いたものだったので、

//////////////////////////////////

ブランクダイスの取扱はありますか?

//////////////////////////////////

と、確認してみることに。
ちなみに、その時に「メール不着がないように、alibabaからメール送るけどよろしく」
と言っておきましたw


で、暇な企業だったのか(失礼w)数時間後には返信があり、

//////////////////////////////////

ブランクダイスも持ってるよ。画像確認してみて。
ただし、ブランクは18mmか19mmしか持ってないんだ。

16mmでも作れるけど、その時はUSD0.073になるよ。(値上がり)

(※この時は、EXW Priceと言っていて、「工場渡しの価格」という意味らしいが、
FOBとの違いがハッキリあるわけでもなさそう。)

//////////////////////////////////

って、さっきの値段なんだったんだ!?w
再度確認して、

//////////////////////////////////

16mmじゃないならさっきの価格なのか?

->18mmと19mmは在庫品で、16mmは特注だから価格一緒さ。

じゃあ、18mmにするけど、希望の色は揃いますか?

->添付画像(偏った8色くらい)しか在庫ないんだ。

・・・なら、在庫のある白と黒にするよ。

//////////////////////////////////

と、メールのやりとり。この辺を数十分毎に送ってたので、
メール作成の時間が随分と短くなりましたw


したら、次のメールでなぜだか、
16mmダイスをUSD0.062で用意してくれることにw
ん?
何のやりとりだったの??

ごねてる様に思われたのか、当初の価格くらい(0.1円安)で、
希望のサイズになることに。なんだったのかw

とにかく、この内容で決まりました。

【Alibaba.comをはじめよう】第6回

2社目に送ったメールには、翌日すぐに返信がありました。

/////////////////////////////////////////

メールありがとう。私たちはダイスを作って10年になります。
メールにあった仕様のダイス、私達は持っています。詳細を確認してください。

ダイスのグラム、価格などの詳細情報
(※必ず「パッケージサイズ」が記載されてたりしますが、業務用だからですかね。
例えば、1袋100個入り。みたいな。)

※画像添付

何か質問があれば、連絡してください。全力を尽くします。

//////////////////////////////////////////

で、好感の持てる内容だったので、
サンプル確認できるか?価格がもう少し安くなるか(想定より高かったw)?
を直接メールしてみたのですが、

まさかの返信なし!


この辺りで、中国とのやり取りに関してのノウハウが蓄積してきて、
大事な事が分かってきました。

基本的に、メールの不着が多い!(らしい)
中国事情のサイトを回っただけですが、回線的にメール不着が多く、
エラー時のレスも無いので、連絡取れたか分からなくなる模様w

あるサイトでは、チャットか電話で連絡するしかないとも。

今回は、Alibaba.comを使っているので、それ以降はサイトの機能にある「メッセージ送信」から
メールを送ることに。それ以降は不着はありませんでした。


メールの文章については、

Thank you emailng for me.

Thank you for your consideration.

は空で書けるようになりました。
「メールありがとう」と「よろしくお願いします」ですね。
メールの最後に、

Best Regards

を付けるのも、定型らしい。


そんなこんなで、連絡を待つ間に3社目にメール。こちらが今回取引した企業です。

プロフィール

雨宮 [space_elevator]

Author:雨宮 [space_elevator]
アナログゲーム好きが高じて、昨年から本格的な製作に入りました。やりたい気持ちの反面、時間が取れない日々ですが、こつこつと。

製作物に関しては、【作品紹介】の項目から、作品名をクリックしてください。

→所持一覧

Twitter...

作品紹介

■MBUGA ~Survive on South Savanna~■
 プレイ人数:2~5人
 プレイ時間:45-60分
 推奨年齢:10歳以上
 ジャンル:ダイスマネジメント+陣取り
 →総合ページはコチラ


■QuattRide Wars■
 プレイ人数:2人
 プレイ時間:30-45分
 推奨年齢:12歳以上
 ジャンル:隊列式チームバトル
 問い合わせ先:(krqrwあっとyahooどっとcoドットjp)

最新記事

Lc.ツリーカテゴリー

ヤフオク

検索フォーム

コンパクト月別アーカイブ

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。