スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でのテストプレイ(一人回し)

先日、1人でのテストプレイ(一人回し)を行ったので、それについて書いてみようと思う。
(※あくまでも個人的な意見です。)


一人回しとは、その名の通り一人でゲームをプレイすることで、
ほとんどは2人以上でゲームをプレイするので、「テスト」というニュアンスが強いはず。
(流行りのシェフィは、一人回し自体がゲームになっていると言える)

ただ、一人回しは当然「実際のプレイとは異なる環境」である為、
注意しておかなければいけない事も多い様に思う。

【確認できること】
・ゲーム全体の流れ
・限界値の確認

一人回しで確認できるのは「大まかな流れ」と「極端な処理」です。

1人のプレイヤーが手番中にどんな動きが出来るのか、
2人目以降が、前のプレイヤーの結果をどう受けるのか、など
ゲームの開始~終了まで、または手番の開始~終了までを
漠然としか感覚で掴みます。

また、1つの数値のみを上昇させる、ある能力は絶対に使わない、など
極端なプレイ方針でプレイした時に問題が無いかどうかを確認することができます。
これは、コンポーネントの過不足(想定しているコマ・カードが足りるかどうか)
というテストも含まれます。


【確認できないこと】
・ブラフ要素
・隠匿情報
・コミュニケーション

逆に、自分しか居ないので「情報に偏りがある」場合は、テストの精度は落ちていきます。
どうしても確認したい場合は、確認せずにカードを選ぶ、ダイスを使うなど、ランダム要素の発生する方法で、
なるべく「他のプレイヤーになりきらない」手法を用いる必要があります。


【注意が必要な確認内容】
・プレイ時間
・ゲームルールの重さ
・思考の負荷

これは一人で行う為に、実プレイとの差が生まれる内容です。

プレイ時間は、基本的には実プレイより短めになります。
実プレイでは他のプレイヤーの考察時間の他、他愛のない会話があったり、ルールの確認があったりします。
また、自分では完全にルール・戦略の把握ができていますが、実プレイでは経験に差があります。
逆に、複数人が同時に処理を行うゲームであれば、プレイ時間は短くなります。

ルールの重さ(複雑さ)は、自分では熟知しているので容易に処理が進められますが、
初めてプレイする人にとっては、より難しく感じられます。

思考の負荷は、1人のプレイヤーが考える要素・時間です。
人数分のプレイを行う為、テストプレイでは自分が常に考えている状態にありますが、
実プレイでは他人がプレイしている空いた時間が生まれます。
この時間がどう使われるのか、を計算する必要があります。


【テストの回数】
一人回しに限らずですが、テストは何度も繰り返すと「慣れ」が発生し、
初めてプレイする時の感覚が薄れる傾向にあります。

一人回しは「大きな流れ」を確認するのに適しているので、
同じ状態で何度も繰り返さず、ゲームシステムを大きく変えてみた時の確認として、
実施するのが良いと思います。


【補足】
私が一人回しをする時は、各プレイヤーの性格・性質をメモに書き、置いておきます。
ドラクエの「作戦」のように、
・小さな点数でもどんどん取る
・リスクを負わない
・ギャンブルに挑む
など、全てのプレイヤーが同じ思考にならない様な工夫です。



一人回しは、プログラムで言えば単体テストの前のコーディング中のデバッグ。
料理で言えば、材料や調味料自体の味見といった所です。

そこでミスなく仕上げるのではなく、骨組みとして間違いがないか、
そのシステムを詰めていくと、どんなものになるか、という
方向性が見えれば良いと思います。
スポンサーサイト

【Alibaba.comをはじめよう】第10回【完結】

延ばし延ばしになっていましたが、最後の記事。
明日にはブログに広告表示がされてしまうのでw


さて、こちらで集荷依頼をかけ数日、荷物が向こうを出発したとの連絡がありました。
それからは、Fedexのサイトで荷物の状況を確認でき、
(送料以外の)不安はなく、2週間掛からないくらいで届きました。


この時、荷物が5箱に分かれており、
(ちょっと送料高くつくかなぁ。)
くらいに感じていました。

そこから1か月、
ようやく届いた請求書には、ほぼ商品購入金額と同じだけの送料に、
燃油サーチャージが1万円追加され、
結果、ものすごく高くついてしまいました。
(内、税金は3000円くらいのみ)

やっぱりポストで送って貰いたかった。。。



とはいえ、全部含めても、国内の流通で購入するよりは安く、
買い物としては痛手もありつつ、成功だったのではないかと思います。

あとは、これを作品に活かせれば、ですがw

2013-08-26 145932


何の参考になるかは分りませんが、
こんな感じでAlibaba.com初体験でした。

【Alibaba.comをはじめよう】第9回

実際のダイス製作が完了したので、いよいよ発送の手続きになりました。
ここが一番の落とし穴だった。

まず、中国の海外運送事情から。
日本の郵便事業は民営化されましたが、中国にも公共のチャイナポストがあり、
その他に国際貨物を取り扱っている企業があります。
有名どころだと、DHLとかFedexとか。

で、日本と同じ様な感覚で、公共の郵便を使おうと思った所、
・高い
・サービスが悪い
・遅い
と、どうやら良いとこ無しのようなのです。
取引相手も、とにかくチャイナポストは使うなとw

また、ビジネスでは送料は着払いが基本のようで、
こちらのクレジットカードを、運送会社に登録しなければいけない模様。

なので、今回はFedexでの発送を頼むことにし、Fedexのアカウントを登録しました。


個人でも登録可能なのですが、
Fedexに2~3回電話し、記入した用紙をFaxし、意外と手間のかかる作業でした。


登録したアカウントを相手に伝え、発送されるか、と思いきや、
今度は「企業→個人」向けの発送は、受け取り側が集荷手続きをしなければいけないと。

めんどくさっw

これまた、Fedexのサポートに2~3回電話をかけ、記入したFaxを送信し、集荷手続きになりました。


まぁ、他国の関わる事なので、手間はしょうがないのだろうね。

ちなみに、Fedexの日本サポートは3人の方と電話しましたが、
2人は事務的で普通、1人はとても丁寧な対応だったので、トータルでみれば好印象でした。

【Alibaba.comをはじめよう】第8回

ちょっと間が空きましたが、忘れない内に続きw


今回は支払いに関して。
前回の記事の通り、商品仕様が決まりましたので、商品代金の支払いになります。

海外向けの支払い方法は、日本の銀行振込にあたるT/Tとか、
調べれば用語はいくつか出てきますが、基本的に手間。そして不安w

なので、手軽で安心、Paypalが一番です。


日本語サイトもあるので、大丈夫だと思いますが、
クレジットカードを登録すると、月10万円までの支払いが出来ます。
あんまり高額でなければ、これで十分。
もし、金額が上がったり、受け取りをしたい場合はビジネス向けアカウントに変更する必要があるよう。
こちらは月額料金取られる。

で、相手のアカウント番号と、支払う金額を入力すれば終了。
簡単。

ちなみに、支払う時に通貨単位が選べますが、カードの支払い明細では日本円になります。
この時のドル=円の為替はいつのタイミングになるんだか、詳しくは知らないw
カード会社で調べれば分かると思います。


そんな感じで、入金から1週間くらいで完成しました。

【Alibaba.comをはじめよう】第7回

さて、3社目からの返信内容は2社目と同じ感じ。
価格が安く(1個あたりUSD0.063)、グラムもチョイ重くらいでした。

ただ添付画像がブランクでなく、ダイス目のポイントが付いたものだったので、

//////////////////////////////////

ブランクダイスの取扱はありますか?

//////////////////////////////////

と、確認してみることに。
ちなみに、その時に「メール不着がないように、alibabaからメール送るけどよろしく」
と言っておきましたw


で、暇な企業だったのか(失礼w)数時間後には返信があり、

//////////////////////////////////

ブランクダイスも持ってるよ。画像確認してみて。
ただし、ブランクは18mmか19mmしか持ってないんだ。

16mmでも作れるけど、その時はUSD0.073になるよ。(値上がり)

(※この時は、EXW Priceと言っていて、「工場渡しの価格」という意味らしいが、
FOBとの違いがハッキリあるわけでもなさそう。)

//////////////////////////////////

って、さっきの値段なんだったんだ!?w
再度確認して、

//////////////////////////////////

16mmじゃないならさっきの価格なのか?

->18mmと19mmは在庫品で、16mmは特注だから価格一緒さ。

じゃあ、18mmにするけど、希望の色は揃いますか?

->添付画像(偏った8色くらい)しか在庫ないんだ。

・・・なら、在庫のある白と黒にするよ。

//////////////////////////////////

と、メールのやりとり。この辺を数十分毎に送ってたので、
メール作成の時間が随分と短くなりましたw


したら、次のメールでなぜだか、
16mmダイスをUSD0.062で用意してくれることにw
ん?
何のやりとりだったの??

ごねてる様に思われたのか、当初の価格くらい(0.1円安)で、
希望のサイズになることに。なんだったのかw

とにかく、この内容で決まりました。

プロフィール

Author:雨宮 [space_elevator]
アナログゲーム好きが高じて、昨年から本格的な製作に入りました。やりたい気持ちの反面、時間が取れない日々ですが、こつこつと。

製作物に関しては、【作品紹介】の項目から、作品名をクリックしてください。

→所持一覧

Twitter...

作品紹介

■MBUGA ~Survive on South Savanna~■
 プレイ人数:2~5人
 プレイ時間:45-60分
 推奨年齢:10歳以上
 ジャンル:ダイスマネジメント+陣取り
 →総合ページはコチラ


■QuattRide Wars■
 プレイ人数:2人
 プレイ時間:30-45分
 推奨年齢:12歳以上
 ジャンル:隊列式チームバトル
 問い合わせ先:(krqrwあっとyahooどっとcoドットjp)

最新記事

Lc.ツリーカテゴリー

ヤフオク

検索フォーム

コンパクト月別アーカイブ

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。